海上輸送の事故率

海上輸送の仕事を する上で、私達はしっかり安全性と向きあう必要があります。

特に国際海上輸送は国内と比較して、長い時間、距離を移動するため、様々な事故が起こるリスクを抱えています。

海上輸送では、貨物外の小さな破れ、へこみは日常茶飯事といっても言い過ぎではありません。

外装のダメージなら許すことができても、やっぱりできるだけ商品の中まで影響を受けてしまう事故を回避しなければなりませんが。

コンテナの劣化などによる損傷

海上輸送の仕事は、コンテナとしっかり向きあっています。コンテナは船の上で貨物の一番の外箱になるものです。

新しい海上コンテナを使用していたとしても、長いあいだの航海中に海水や雨水にさらされてしまうこともあり、当然劣化してしまうでしょう。

海上コンテナは、水濡れ、カビ、錆が起きてしまう可能性も充分考えることができます。冷凍・冷蔵コンテナが例えば、劣化によって、故障が発生してしまったら、商品が凍結し、また解凍、変質、劣化……というトラブルと簡単につながってしまうことになります。

荷役の作業中のラフ・ミスハンドリングによる破損

また、海上輸送の仕事では、荷役作業をしている最中のラフ・ミスハンドリングでの破損の事態が起こることがあります。

ラフ・ミスハンドリングとは、荷役するときにおいて乱暴に扱ってしまうことを言います。

乱暴な作業をしている人たちは、誰も見てないからいいやというモチベーションで、足で蹴って貨物を移動させることもあるかもしれません。

また水のたまった路面に雑に置いたりすることがあるかもしれません。

また、コンテナ、貨物を他のモノと衝突させてしまうことで、破損、ヘコミ、変形が簡単に起きてしまうことになります。

積み付け・積載不良、固縛不十分

また、海上輸送の仕事において、積み付けや積載の不良、固縛不十分のトラブルも起きていることを懸念しなければなりません。

海上コンテナを正しい方法で扱わないで、コンテナの中で一方にだけモノが偏っているという状態において、海の上で揺られて荷崩れが簡単に起きてしまうことになります。

温度変化のトラブル

また、海上輸送の仕事において、温度変化のトラブルも考えていかなければならないでしょう。

ドライコンテナは通気口などもないから、外気温の影響を受けやすいのでコンテナ内が高温になりがちです。高温になったコンテナと、外気との温度差によって結露が生じやすく、貨物に水滴がついてしまって、そこからカビや錆が生じてしまうことになります。