海上輸送のメリットデメリット

いま、日本において、輸送のメインと言えば「海上輸送」のことです。もちろん、海上輸送の方法にはいろいろなメリットがあるからです。

ただし、一方では海上輸送の方法にはデメリットもありますので、どのようなものが短所であるかもしっかりここでチェックしておきましょう。

メインは海上輸送の方法

なんで、日本が海上輸送という手段に依存しなければならないかといえば、日本という国は海に囲まれた島だからです。海外と貿易する上で欠かすことができない存在がまさに海上輸送ということができます。

そして、海上輸送で多く使用されているのが「コンテナ船」であり、海上輸送に関わる上で、コンテナ船についてもしっかり理解していく必要があります。

コンテナ船で理解しなければならないのは、まず、「FCL」です。FCLとは、丸ごとコンテナひとつ借りて自分たちの貨物を運ぶ手段のことです。

また、「LCL」は、「混載便」と呼ばれている小口貨物のことを言います。LCLという手段では、他の貨物と一緒にシェアし、ひとつのコンテナで積まれることになります。

今後、海上輸送に関わるあなたはFCL、LCLどちらの方法で輸送しなければならないかということも考えていく必要があるでしょうか。

そのとき、ポイントは、やっぱりコストの問題であり、時間です。

海上輸送のメリット

海上輸送は、他の手段と比較して、多くの貨物を長い距離を、リーズナブルに運べるメリットがあります。

また、海上輸送は、容積が大きく重い重量の物を移動させるのにも、小さなパワーで済ますことができるのもメリットです。

また、大陸と大陸を繋ぐ貨物輸送という手段対して、我が国日本は、海上輸送によるしか手段はないとも言うことができます。日本がワールドワイドになるほど海上輸送の重要性はますます増大して行くことでしょう。

海上輸送のデメリット

ただし、海上輸送の方法は、スピードや安全の点では「鉄道」、「トラック」、「航空機」に劣っていたりするので、場合によっては、トラックや航空機を選択することもあるでしょう。

ただし、輸送スピードは遅く、船舶、港湾施設の建設コストもかかるものの耐用年数の視点から見れば、鉄道、道路と比較してリーズナブルで、維持費もおおかた少なく済ますことができます。ですから、石油や鉄鉱石、石炭といった重量物に対しての大量輸送に、海上輸送はおおいに活用することができるでしょう。

おおかた、海上輸送のデメリットは、スピードが遅いこと、そして、貨物の積みおろしに大きな設備投資も必要となり、また、高い労賃を必要とすることあたりではないでしょうか。