海上輸送のコンテナの抱える問題点 人材不足

海上輸送のコンテナ、互換性のある世界で、現在でも世界中がスムーズに起動しているとお思いでしょうか。ただし、現在、日本においても海上輸送のコンテナにおいてこのような問題が浮上しています。

海上輸送のコンテナの抱える問題点

海上輸送のコンテナの最も大きな問題は、現在、海上輸送業界で起きているドライバーの人材不足です。

しかし、海上輸送業界では、本気になってそのような問題と取り組んでいるかと言えば、そうではありません。

ですから、ちょっと先は闇という感じもどうしてもしてしまうのです。

いま、ドライバーの人材不足は確実に起きており、解消もされないままです。

海上輸送業界のドライバーの高齢化問題も顕著となって来ています。

50~60歳代あたりのドライバーは全体の約40%程度を占める事態なのです。

そして、そのような人たちも、10年経過すれば、この業界にはいないのではないでしょうか。

現在、日本では、2006年ピークの92万人に到達したのはいいことですが、その後どんどんドライバーの減少は、加速化している状態です。

海上輸送業界のドライバーは、実際にはそれほど人気の業種ではないようですね。

輸送されないで滞留してしまう貨物は、全体の4割程度残ってしまうという危機を海上輸送業界では迎えています。

海上輸送のコンテナとは何か、海上輸送のコンテナにはどのようなメリットが存在しているかなど考える上で、このような時代背景はしっかり踏まえて考えていかなければならないでしょう。

日本で海上輸送業界がこのような感じで、停滞してしまえば、世界中の人たちとつながりをもっている海上輸送のコンテナは、まさに世界で停滞してしまうことになります。

海上コンテナを扱うターミナル能力が追いつかない

それと比較して、海上輸送のコンテナの需要はまさにどんどん増え続けていくばかりです。

それでは、海上コンテナを扱っているターミナルの力量が追い付かないという事態が起きてしまうことになります。

ただ受付をひたすら待つという渋滞する現象もここで起きることになります。

東京港が渋滞してしまうことで、待機時間が長くなってしまい、運賃に時間は全然反映されない……という問題が起きます。

するとなかなか売り上げも伸ばすことができないで、お給料が全然アップしないという問題が起きてしまうことになります。

お給料が安いから、またまた海上輸送業界のドライバーを辞めてしまう人たちが続出してしまうことになります……。

そのような負のスパイラルでは海上コンテナドライバー不足が激化するばかりです。