フォワーダーを利用する業務の流れ

海上輸送という手段を利用して、私達は、自ずとフォワーダーと接することになるのではないでしょうか。

現代社会では、ほとんどの会社が、フォワーダーと無関係ではないということができます。

海上輸送のフォワーダーにはどのようなメリットが存在しているのでしょうか。

フォワーダーを利用するメリット

なんで、多くの企業がフォワーダーを利用しているのかと言えば、やっぱりフォワーダーに信頼感、安心感があるからだと思いますよ。

海上輸送という手段に未熟な人たちも、フォワーダーからいろいろアドバイスを得たりということも出来るのではないでしょうか。

フォワーダーは、海上輸送、様々な輸送に対して、 知識や情報、ノウハウを持っています。

ですから、フォワーダーを頼ることで、商品や目的などに合わせた運送手段、運送のルートの正しい選択をすることができるでしょう。

あなたが、理想的海上輸送を実現したいと思えば、フォワーダーを利用することがベストです。

また、海上輸送の業務をしている人たちが、フォワーダーを利用することで、 貨物の保管、配送、通関に対しての手続きなども行ってくれるから、海上輸送の業務をとてもスムーズに行うことができます。

そして、みなさんの目指しているコスト削減にもおおいに役立たせることができます。

フォワーダーとの取引の流れ

海上輸送に関わる人たちが、どのような流れでフォワーダーと関わっていけばいいのでしょうか。

まず、第1段階です。

第1段階では、貨物をフォワーダーの倉庫に運んで、「インボイス」、「パッキングリスト」と言った必要書類を作成します。そして、通関手続きなど……、プロフェッショナルであるフォワーダーに依頼しておこないます。

次の段階では、倉庫に運ばれた貨物の数、状態を把握して、税関に対しての輸出の手続きを行って、許可を得ます。

そして次の段階です。

第三の段階では、必要な書類を作成し、輸出許可書と合わせて貨物を「コンテナ・フレイト・ステーション」に入れます。

そして、貨物の数、貨物の状態をチェックして、他の荷主のモノと一緒にコンテナに詰め込んでいきます。

そして、海上輸送コンテナはコンテナヤードに搬入されて、船に積み込みされます。

いかがでしょうか。海上輸送の中で、大きく貢献しているのはコンテナという人たちがいるかもしれないですよね。海上輸送のコンテナももちろんのことなのですが、フォワーダーという存在も、私達の海上輸送の業務において決して欠かすことができない存在なのです。