コンテナハウスのデメリット 価格はそれほど安くない

あなたは今コンテナハウスについて考えている頃なのかもしれないですよね。

コンテナハウスは、木造住宅よりオシャレというのは事実なのかもしれません。

しかし、実際にリサーチすれば、コンテナハウスより木造住宅の方にいろいろメリットを見つけることができたりします。

そのあたりの問題もしっかり調査しましょう。

コンテナハウスのデメリット

まず、最初に言わなければならないのは、日本で、おおかたコンテナハウスとして使用されているものは、海上輸送のコンテナではなく、建築用コンテナなのです。

海上輸送のコンテナの場合は、 国際標準規格に準拠して日々、活躍している訳ですが、日本には、 日本の建築基準法があり、海上輸送のコンテナはそれを満たしていないため、住宅として利用することができないのです。

ですから、みなさんが安心してコンテナハウスに住むためには、 建築確認取得に対応したJIS規格の建築用コンテナを使用しなければなりません。

建築確認取得に対応したJIS規格の建築用コンテナとは

建築確認取得に対応したJIS規格の建築用コンテナとは、国内建築として認める規格であり、海上輸送の規格とは全く別物です。

輸送と住宅、それは違っていて当然という感じではないでしょうか。

海上輸送のコンテナだからこそ、リーズナブルに作ることができても、実際に住宅としてのコンテナは、そうリーズナブルに作ることができないかもしれません。

いわば、コンテナのようにオシャレに見せかけて、かつしっかりした住宅でなければならないということです。

建築用のコンテナは、そもそも安心安全設計で、 四方の鋼鉄製の壁で支える作りではなく、 厚みを持っている鋼材を柱として使用した、重量鉄骨造です。

海上輸送のコンテナに対してコンテナハウスを作ろうと思えば、 窓やエントランスなどで壁に穴を開けることになりますが、海上輸送のコンテナでは、構造がそれに耐えることができません。

建築用のコンテナは、開口部を作ろうが、それに耐えることができる構造です。

コンテナハウスなら、2階・3階と上に作っても耐えることができます。

実際に、海上輸送のコンテナを、コンテナハウスとして使用することができれば、リーズナブルで作ることができるかもしれませんが、建築用コンテナを使用することになるので、決して木造住宅と比較しても、安い価格で作ることができないでしょう。

それが、コンテナハウスの一番の大きなデメリットなのかもしれません。